中国 印刷インキの樹脂 メーカー

アンホイHerrman Impex Co.、株式会社

ニュース

October 26, 2021

ポリプロピレン繊維の開発の歴史

初期では、プロピレン重合は無定形の混合物、実用的な価値がないoligomeric程度のペーパー プロダクトしか得ないことができる。1954年に、ZieglerおよびNattaはアイソタクチック ポリプロピレンかアイソタクチック ポリプロピレンと呼ばれる高いstereoregularityのzierglerのNattaの触媒そしてなされた結晶のポリプロピレンを発明した。この研究の達成は重合の分野の新しい方向を開発し、ポリプロピレンの大規模な工業生産のための基盤およびプラスチック プロダクトおよび繊維の生産の広い適用を置いた。


1957年に、イタリアのMontecatiniの会社は最初にポリプロピレンの工業生産を実現した。1958年から1960年、会社は繊維の生産のためにポリプロピレンおよびmeraklonの商号の開発されたポリプロピレン繊維を使用したから。後で、米国およびカナダはまた生産を次々に始めた。


1964年後で、束ねることのためのポリプロピレンのフィルムの分裂繊維はフィルムの細動によって織物繊維およびカーペット ヤーンに開発され、なされた。
70年代では、ポリプロピレン繊維の工程は短距離回転プロセスおよび装置によって改善された。同じ期間では、拡大された連続的なフィラメントはカーペットの企業で使用され始めた。現在、カーペットの雑巾の90%および世界のカーペットのベールの25%はポリプロピレン繊維から成っている。


製造のポリプロピレン繊維のためのポリプロピレンそして新技術の開発との1980年後で、metalloceneの触媒の特に発明は、ポリプロピレンの樹脂の質かなり改善された。stereoregularity (isotacticity 99.5%まで)の改善が原因で、ポリプロピレン繊維の内部質は非常に改善される。80年代半ばでは、ポリプロピレンの良い繊維はある綿繊維を取り替え、織布およびnonwovensで使用された。ワン・ステップBCFの回転機械、空気機械および合成の回転機械を、また装飾のポリプロピレン繊維のnonwovens織ることは、適用および産業使用の出現および急速な開発の開発によって更に拡大された。さらに、世界中ポリプロピレン繊維の研究開発はまたかなり活発である。区別された繊維の生産技術の大衆化そして改善はポリプロピレン繊維の適用分野を非常に拡大した。

連絡先の詳細